記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防水スマホは使わない方が良い?防水スマホの思わぬ落とし穴!

201611210204490da.png

今回は防水スマートフォンを使っているからこそ気をつけたい、
または招いてしまう事故について、考察したいと思います。

防水機能はガラケーの時代から、日本人が特に好む機能の1つでした。
キッチンやお風呂で使っても大丈夫というキャッチコピーで販売もされていました。

私がSoftBankで働いていた時に感じていたことですが。
実は防水対応のスマホの方が、防水未対応のスマホより、
水濡れ修理件数が多いんです。

防水といっても、過信しすぎると水濡れしてしまうんですね!ヽ(´o`;

・防水は「真水」のみ対応

実は防水といっても真水にしか対応していません。
IPX5/7という規格で防水かどうかを判断されるのですが、
その規格は真水や水道水を基準にしています。
海水やプールには注意が必要です。

また、「水の内部浸食に耐える」という点で判断されているので、
水に漬けたまま使えるということではないので、気をつけましょう!

それでもどうしてもお風呂やプールで使いたいという方に!
こんな方法も…
201611210205038d9.jpeg
※試すのなら自己責任でお願いします。

・充電口のフタのゴムにも注意

充電口やSIMの差し込み口のゴムが緩んでいる場合も
防水機能が失われているので、新しいものに変えましょう。
経年劣化もありますので、2年に1回は取り替えたいところです。


いかがでしたか?
防水だからと過信せず、使用していきたいですね!
もし水濡れしてしまった場合は、早急に修理に出しましょう!

・スマホを水没させたときの対処法はこちら!

それでは(^ ^)

最後までお読み頂きありがとうございます!
参考になった!面白かった!と思って頂けたら、
お手数なのですが拍手やイイネを頂けたら嬉しいです!私の励みになります!


はてなブックマークにも参加しています!
宜しければこちらもブックマークお願い致します!(*^^*)
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ村にも参加しています!(^^)
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ
にほんブログ村

(目次はこちら!)

コメント

こんばんは!

防水だとみんな過信してしまうんですね!

防水のもう一つのデメリットは熱が抜けづらい事ですね。
私のタブレットには放熱パッドを貼ってます。
気安め程度かもしれませんけど。

Re: こんばんは!

コメントありがとうございます!

精密機械ですからね。
密閉すると当然熱は抜けにくくはなりますが、
あまり熱がこもるとなると、熱が抜けないというよりかは、
バッテリーがヘタって余計に熱を発している可能性も考えられます(~_~;)

No title

知りませんでした…
防水を過信していました。幸い今まで故障した事はありませんが、今後注意したいと思います(^^)

勉強になりました。ありがとうございます!

Re: No title

コメントありがとうございます!

やはり精密機械ですからね〜
ちなみにどうやって水濡れの原因を突き止めるかというと、
スマホの内部に、水に反応して赤っぽく色が変わる紙が入っています。
フタが開けられるタイプのスマホだと確認出来るので、
豆知識として覚えておくと良いかもしれません(^ ^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shimma

Author:shimma
しっまーです!
元SoftBankクルーのしっまーが、
顧客満足度1位になった経験を活かし、
初心者視点で分かりやすくスマホについて
解説していきます!
コメントでのご感想、ご質問お待ちしております。
どうぞお気軽にお声掛けください!
なお、当サイトはリンクフリーとなっております。
お気軽にどうぞ(^^)

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ</div>
							</div>
			
			<div class=

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。